スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

須磨の町名(4)た〜と

大黒町(だいこくちょう)
板宿村字黒土、黒土池、加古、二ノ井などと大手村字宮ノ東、宮ノ浦が大正12年12月に大黒町となった。その南方のえ戎田一帯を戎町(えびすちょう)として、戎・大黒の一対としてつけられた。

多井畑(たいのはた)・多井畑東町・多井畑南町
タイは傾斜地または山頂を意味する。山間の村で段々畑が多いことからきた名ではないかと思われる。
多井畑は田井畑、太井畑とも書かれた古い地名で『平家物語』にも「馬手へあすませゆく程に、としごろ人もかよはぬ田井の畑といふふる道をへて、一の谷の浪うちぎはへぞ出たりける」とある。
奈良時代まで須磨浦が荒磯で通行困難だったころ、山陽道は須磨からこの多井畑を通り、下畑・塩屋から播磨へと通じていた。このため、この地は西国から摂津(つまり畿内=首都圏)への入り口に当たっていたので、ここに須磨の関があったとも言われ、現に「関末(セキスエ)」という字名もある。
明治22年4月、須磨村の大字となり、現在に至る。多井畑東町は平成4年、多井畑南町は平成7年に、ともに多井畑の東、南に位置することからつけられた。

高尾台(たかおだい)
高尾山を造成して造った団地にもとの山名から名づけられた町名。旧字名は東須磨村字水野などで、昭和41年6月に水野町から分離して高尾台となった。

高倉台(たかくらだい)
高倉山を削って団地として開発したところである。この土はポートアイランドの埋め立てに使われた。タカクラは神が降臨、鎮座する山頂やきわだった樹木、巨岩などをさす。古代信仰からいえば高倉山はその場だったのであろう。
町の設置は昭和48年1月で、旧字名は西須磨村字立原谷、扇キ山、池ノ奥上、木戸ヶ谷、柳ヶ谷、小松ヶ内、荻原と下畑村字東砂山である。

高倉町(たかくらちょう)
背後の高倉山からとった町名で、昭和5年7月に設置された。旧字名は西須磨村字小屋ヶ谷、出ヶ平、東鎌谷、西鎌谷である。

鷹取町(たかとりちょう)
高取山にちなんだ名であるが、ここはむしろ浜に近く、旧字名にも鷹取はない。何故鷹取と呼ぶようになったかは不明。
東須磨村甘地、世間所、船平、前ノ子、蔵の内が旧字名である。大正13年5月に鷹取町が置かれ、その後今はなくなった下手崎町の一部を編入している。

千歳町(ちとせちょう)
大正9年12月、旧駒ヶ林村字端三郎、皆登、石仏、八反竿、杭田坪、上朝日、六反田、小仙町だったところをこの町名にした。昭和6年の区制では林田区に属したが、昭和20年に須磨区に移った。町名は佳名で、旧字とは関係がない。

千守町(ちもりちょう)
千守川による。高倉台の後方から流れ出すこの川は離宮公園の西に沿って南流し、同公園正門付近からは西南に向きを変えて海に流れ込んでいるが、路守川(ちもりがわ)、関守川とも記され、須磨の関の官吏あるいは須磨の海関の管理者津守(つもり)からきたと説かれてきた。昭和5年7月、新町名になった。
旧字名は西須磨村字稲荷の下、小屋ヶ谷、谷川、上沢、下沢など。

月見山町(つきみやまちょう)・月見山本町
在原行平ゆかりの町名で、行平が眺めたという配所の月にちなんでいる。東須磨村の旧字名に、月見口、月見ノ下があった。
この他の旧字名は出口、釈迦ノ前、西ノ口、西ノ町、手塚、寺前町、北野町、上横町、寺ノ西、今池ノ下などで、昭和5年5月の設置である。

寺田町(てらだちょう)
寺田町は大池の東の小さな町である。昔は西国街道沿いの水田地帯であった。寺の領田だったのか、寺田の字名があったが、附近に寺があった記録はない。タイラダ(平田)が音韻変化してテラダになった可能性もある。
旧字名は板宿村寺田、東寺田、古居で、大正12年12月に寺田町になった。

天神町(てんじんちょう)
ここに綱敷天満宮があることにちなむ。
旧字名は西須磨村天神上、上天神東、西天神下、下天神東、東北野下、下樋詰、上宿ノ道、上野、上町、仲町である。昭和5年7月に天神町となった。

道正台(どうしょうだい)
妙法寺の一部を造成してできた町名。妙法寺字道正川から町名がつけられた。

常盤町(ときわちょう)
千歳町と同様に旧字名にこだわらず、佳名をつけた。正しくは常磐の表記となるべきだが、俗用の常盤の方がとられた。大正9年12月に設置され、昭和6年に林田区常盤町となるが、昭和20年に須磨区に移った。
旧字名は駒ヶ林字野田池、小仙町、皆登、八反竿、上朝日と大手村字西馬場である。

飛松町(とびまつちょう)
飛松はまるで鳥が飛んでいるかのような枝ぶりの松のことで、全国に見られる地名である。『摂津名所図会』に板宿の北にありと記され、現在も板宿八幡神社境内に老松の大きな株が保存され、標石も立っている。大手町の勝福寺の北の丘陵が飛松岡と呼ばれており、街道からよく目立って見える大きな松だったのだろう。
ここには飛松の伝説があり、菅原道真が九州に流された時、都で愛していた松、梅、桜のうち松が道真を慕ってここに飛んできたという。桜は悲しんで枯れ、梅は九州まで飛んで香りを届けて飛梅と呼ばれた。菅公伝説の一つである。
旧字名は板宿村字亀ヶ池下、井出ノ上、平田、立山甲、新ヶ内、畑田、陣後、一ノ井、角戸、南所、黒土池、東ノ池、鶴ヶ池、大手東で、大正12年12月に現町名となった。

戸政町(とまさちょう)
西国街道の北側、妙法寺川と天井川の間にある。戸政は旧字名をとったものである。
旧字名は東須磨村字戸政、大池、西、大道ノ上、西寺田、川ノ下。設置は大正13年である。

友が丘(ともがおか)
多井畑の北を開いて作った北須磨団地の町名である。開発したのは労働金庫だが、住民みんな仲良く暮らしていこうという願いを込めてこの名をつけた。
旧字名は多井畑村字地獄谷、黒ヶ谷、池谷、渋人谷、菅谷、東龍華、西龍華、割谷、蟻ヶ越、掛峠、北上穂、東山、尾々、白岩、夫婦岩、入角、崩田、東向畑、油石、関末と名谷村菅ノ谷、龍華山などで、昭和44年11月に設置された。

スポンサーサイト

コメント

コメントする





トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sumabito.jugem.jp/trackback/22

プロフィール

  • 須貝静顔写真
  • 須貝静
  • NPO法人しゃらく しゃらく旅倶楽部担当
  • 須磨をこよなく愛するよそ者が、真の須磨人(すまびと)を目指して日々綴っていく須磨のウンチク。須磨好きの方必見です。
  • プロフィールをもっと詳しく

新着日記

カレンダー

<< May 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

サイト内検索

月別アーカイブ

カテゴリー

新着コメント

新着トラックバック

organization

  • NPO法人しゃらく
  • いきがい.cc
  • 須磨観光協会
  • 須磨を西海岸化し隊
  • 観光ナビゲーションサイト 須磨海岸Navi
  • いたやにすと
  • オール須磨

link

mobile

  • qrcode

others

ad