スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

須磨の公園・レジャースポット(2)須磨浦公園

須磨の史跡・観光スポット(7)須磨浦公園

【所在地】 神戸市須磨区一ノ谷町4丁目1-24
【アクセス】山陽電鉄須磨浦公園駅」下車
【問い合わせ】078-731-4283
【入園料】無料
【面積】103.8ヘクタール

須磨浦公園は、もと御料林で、1924年(大正13年)に鉄拐山、鉢伏山を含む24万1000坪(約80万平方メートル)の土地の払い下げを受けた。この地を当時の神戸市連合青年団の協力をえて林道2kmを完成、1928年(昭和3年)に山林公園が完成した。

1934年(昭和9年)に山麓の海浜松原2万4000坪(約8万平方メートル)の払い下げを受け、設備を整備、1935年昭和10年(昭和10年)に須磨浦公園として開園した。

1941年(昭和16年)、山陽電鉄が公園内を走り、戦時中には防空上の要地とされた。

1953年から58年にかけて、須磨連山ハイキングコース、鉄拐山山道の改修、中央登山道の舗装工事、ハイキングコースの整備、観光ハウス、児童遊園地ができた。さらに山陽電鉄はロープウェーをつけ、展望台を設け、のちには旗振山へのリフトやカーレーターなどが設けられた。

源氏物語「須磨の帖」の舞台であり、源平一の谷合戦のゆかりの地でもある須磨浦公園の園内には
敦盛塚のほか、与謝蕪村松尾芭蕉正岡子規高浜虚子などの句碑も設置されている。
また桜の名所としても有名で、昭和初期から植えられたソメイヨシノヤマザクラなど数種類の桜がおよそ3,200本を数える。


歴史に縁のある地というだけでなく、今は花の名所にもなっているんですね。ちなみにこの公園は神戸市の花の名所50選に選ばれているだけでなく、日本の名松100選にも選ばれているんだそうです。そんな花いっぱいで自然豊かな須磨浦公園。ぜひ一度訪れてみてください。


大きな地図で見る

スポンサーサイト

コメント

書き込みいつもありがとうございます。
春の須磨浦公園は桜と松と海の景色がすばらしく、のんびり散歩したい場所でもあります。やっぱり山と砂浜、そして歴史に縁のある須磨は私のお気に入りです。そんな須磨で育ったsakis Roomさんが羨ましいです。
〜 私の中の 須磨浦公園・鉢伏山の思い出 〜

★選抜高校野球の決勝戦を聴きながら、公園を抜けて鉢伏山を登っていく途中の、満開の桜が印象に残っています。

★鉢伏山には初日の出を見に行ったことがあります。ツツジの時期もキレイですよ。

★2号線と山陽電車の下をくぐると 公園からすぐに海に出られる所があります。
小さい頃、よく海水浴に行きました。

須貝さんのブログで、いつも懐かしい昔を思い出します。今は隣の市に住んでいますが、やっぱり神戸(特に生まれ育った須磨)が好きなんですね。

コメントする





トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sumabito.jugem.jp/trackback/35

プロフィール

  • 須貝静顔写真
  • 須貝静
  • NPO法人しゃらく しゃらく旅倶楽部担当
  • 須磨をこよなく愛するよそ者が、真の須磨人(すまびと)を目指して日々綴っていく須磨のウンチク。須磨好きの方必見です。
  • プロフィールをもっと詳しく

新着日記

カレンダー

<< July 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

サイト内検索

月別アーカイブ

カテゴリー

新着コメント

新着トラックバック

organization

  • NPO法人しゃらく
  • いきがい.cc
  • 須磨観光協会
  • 須磨を西海岸化し隊
  • 観光ナビゲーションサイト 須磨海岸Navi
  • いたやにすと
  • オール須磨

link

mobile

  • qrcode

others

ad