スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

須磨名物・おみやげ(2)須磨かるた

歌枕とは皆さんご存知の通り、和歌に詠まれた地名のこと。全国各地に、特に近畿地方を中心に数多くあるようですが、何を隠そう私たちの住む須磨も歌枕として有名な場所です。そしてその須磨にちなんだ歌を100首集めて作られたのが「須磨百首かるた」。今回はその「須磨百首かるた」について調べてみました。


古代に交通の要衝として関が置かれた須磨は、平安時代には都を離れた貴族のわび住まいの地として、また、一の谷の合戦の舞台として、その名が広く知られるようになった。
多くの文人にも愛され、数々の歌が詠まれた。その中から和歌を100首選りすぐって作られたのがこの「須磨百種かるた」である。

百枚それぞれに「須磨」の文字が入っているこの特製かるたは、枝光寅太郎をはじめとする地元の郷土史家が、京都の玩具メーカー、山内任天堂に働きかけ、1925年(大正14年)に発売された。

しかしその後、現在まで受け継がれることがほとんどなく、「幻のかるた」とまで言われていたのだが、
3年前、商店主の知人方から一組がひょっこり見つかり、須磨歴史倶楽部の手で復刻された。


この復刻された現代版の須磨かるたを私も最近購入しました。解説書が付いていて、「読み人」や「出典」なども詳しく出ているので、かるたと合わせて読みながら覚えるといいかもしれませんね。しかしここまで調べられた須磨歴史倶楽部さんはすごい!の一言です。

ちなみにこの「現代版須磨かるた」は須磨寺前商店街の伊勢屋文具店さんや月見山の新文堂書店さん、シーパル須磨さんなどで購入可能だそうです。和歌や百人一首のお好きな方へのおみやげに持ってこいのこの「須磨かるた」。個人的にかなりオススメです。



スポンサーサイト

コメント

コメントする





トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sumabito.jugem.jp/trackback/48

プロフィール

  • 須貝静顔写真
  • 須貝静
  • NPO法人しゃらく しゃらく旅倶楽部担当
  • 須磨をこよなく愛するよそ者が、真の須磨人(すまびと)を目指して日々綴っていく須磨のウンチク。須磨好きの方必見です。
  • プロフィールをもっと詳しく

新着日記

カレンダー

<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

サイト内検索

月別アーカイブ

カテゴリー

新着コメント

新着トラックバック

organization

  • NPO法人しゃらく
  • いきがい.cc
  • 須磨観光協会
  • 須磨を西海岸化し隊
  • 観光ナビゲーションサイト 須磨海岸Navi
  • いたやにすと
  • オール須磨

link

mobile

  • qrcode

others

ad