スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

須磨のお寺(6)勝福寺

【住所】神戸市須磨区大手町9−1−1
【電話】078-731-1253
【アクセス】山陽電鉄東須磨駅下車 徒歩10分
      山陽電鉄板宿駅下車  徒歩15分



まずは勝福寺の概要を。

桂尾山勝福寺は真言宗高野派高野山如意輪寺末で、本尊は聖観音菩薩。988永延2)年の創建から千年以上の歴史を持つ古刹である。太政大臣藤原伊尹(これただ)の三男、英雄丸が高野山で修行中、摂津の国神撫山(今の高取山)附近に出没する鬼人を平定せよとの勅命を受け、山麓に草庵を設けた。そこで日夜修法を行い祈願退散したことがこのお寺のはじまりとされている。

開山当時は7堂伽藍、36坊を有する大寺院であったが、山津波や戦火に遭い、堂塔、宝物などを失い、現存するのはわずかに山門庫裏(くり)のみとなっている。


 そして昭和13年阪神大水害で倒壊した本堂を現在再建中です。今年中には竣工となる予定だそうです。



 ところで、この勝福寺の後ろにある飛松岡に「松岡城」があったと言われています。砦ほどの簡素なものだったとされる松岡城が歴史の舞台に出てくるのは観応の擾乱の時です。



観応の擾乱は、足利尊氏弟・直義(ただよし)と敵対関係になり、3年にわたって続いた室町幕府の権力闘争である。
 この時、足利尊氏直義の軍と御影の浜で戦って敗北。参謀の高師直(こうのもろなお)らとともに、松岡城に逃れ、たてこもった。
 手兵がわずか500名になってしまった尊氏は、今はこれまでと切腹を決意する。…がまさにそのとき、尊氏の家臣饗庭命鶴(あえばみょうづる)が直義軍と和議が成立したとの知らせを持ってきた。
幸いにも和議が成立して、尊氏は危ないところを助かり、山陽道を京へと帰っていった。



現在の勝福寺山門の南西、寺の代々の住職の墓のある所がハラキリ堂と呼ばれているらしく、まさしくその当たりで尊氏さんが切腹しようとしたところであろうと言われているそうです。この地でもし尊氏さんが腹を切っていたら…須磨で歴史が大きく変わったのかもしれませんね。

ちなみに寺の裏手にある山を登ると、八十八箇所巡りができるそうです。





大きな地図で見る

JUGEMテーマ:地域/ローカル


スポンサーサイト

コメント

かねやんさん、コメントありがとうございます。
しばらく更新できずにお返事が遅くなり申し訳ありません。

「毘沙門堂の再建」の件、大変失礼致しました。
早速処理させていただきます。

また、時間を見つけてぜひまたお伺いしたいと思います。
その際はまたよろしくお願いいたします。

勝福寺檀家のものです。
本堂は平成21年4月4日に無事落慶法会を終えることが出来ました。
文面にあります毘沙門堂の再建は、現在のところ計画にはありません。
また、桂尾山八十八ヶ所は現在修復中で、本年四月に開山を迎えます。
本文の写真は板宿講寄贈の83番札所ですが、82番の本尊様が
自然災害により移動したままとなっている状態でしたので、現在
完全な状態に戻しています。
一度、お寺に来ていただければ、ご案内させていただきます。
yoshiさん、またまたありがとうございます。

由緒あるお寺にお友達がいらっしゃるなんてうらやましいです。

ちなみに、恥ずかしながら「おこのみ焼きのすず」は初耳です。

どこにあるんでしょうか?おいしいんですか?
また教えてください!!
実は友達のお寺です。

ちなみに10日前にお好み焼きのすずで会ってきたところです(笑)

その時 あと畳を入れるだけだと言われてたので
もう入っていると思います。
ゆめぱぱさん、コメントありがとうございます!
また、勝手ながらトラックバックをさせていただいて大変失礼いたしました。

こちらこそ、ゆめぱぱさんのページをいろいろと参考にさせていただきました。特に「源平の足跡」は興味深く拝見するとともに、自身の浅学ぶりを痛感しました。

今後も時々ゆめぱぱさんのHP、ブログにお邪魔することもあるかと思いますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

いつも参考にさせてもらってます。
ヤフーは、食べ物のブログです。
http://7098511.shiriagari.com/は、
ホームページです。
http://7098511.blog.shinobi.jp/は、
食べ物以外のブログです。
ふくちゃんさん、初めまして!コメントありがとうございます。

ふくちゃんさんも最近勝福寺に行かれたんですね。竣工が待ちどうしいですよね〜。かなり立派な本堂になるというお話です。まあ私個人的にはあの高台からの海の眺めが好きです。昔はもっと眺めがよかったのでしょうが…。ふくちゃんさんはおそらく須磨のご出身で、きっと昔の様子もご存知なのではないでしょうか。羨ましいですね。今後も須磨のまちの情報がありましたら、いろいろと教えてください。よろしくお願いします。
先日わたしも20年ぶりに勝福寺に行ってきました。
大手町のあたりはまだ昔のままの雰囲気が残っていたので、
懐かしくってとてもうれしかったです。
本堂が出来た頃にまた行ってみようと思います。

コメントする





トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sumabito.jugem.jp/trackback/59

プロフィール

  • 須貝静顔写真
  • 須貝静
  • NPO法人しゃらく しゃらく旅倶楽部担当
  • 須磨をこよなく愛するよそ者が、真の須磨人(すまびと)を目指して日々綴っていく須磨のウンチク。須磨好きの方必見です。
  • プロフィールをもっと詳しく

新着日記

カレンダー

<< April 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

サイト内検索

月別アーカイブ

カテゴリー

新着コメント

新着トラックバック

organization

  • NPO法人しゃらく
  • いきがい.cc
  • 須磨観光協会
  • 須磨を西海岸化し隊
  • 観光ナビゲーションサイト 須磨海岸Navi
  • いたやにすと
  • オール須磨

link

mobile

  • qrcode

others

ad