スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

あなごヘッド無人販売所で買ってみた

JUGEMテーマ:地域/ローカル


須磨寺前商店街の小さな一角でひっそりと売られているあなご。このあなご、ただのあなごではありません。実はあの、あなごがおいしいことで有名な志らはま鮨さんのあなごなのです。そしてもっと言えば、志らはま鮨さんで要らなくなったあなごの頭なんです。



そしてこれだけでも珍しいのに、更にすごいことには、実はこのスペース、常に無人!お金はなんと小さいタッパの中に入れます。ちなみに一袋150円。



いつからこういう形で売られているのか知りませんが、無人というのがすごいですよね。私のような貧しい心の持ち主だったら、お金をとられちゃうんじゃないかと心配になって、とてもじゃないけどこんな形で売ることはできません。よっぽど心の広い方なんでしょうね。



この無料販売所には簡単なレシピが出ています。
・ 味噌汁のお出しに…
・ キュウリもみの酢の物として…
・ 焼豆腐とねぎと甘辛く煮て土生姜を入れる。

こんなふうに使うといいみたいです。

さて、今回はこのあなごヘッドを実際に購入してみました。
おそるおそる袋を開けると…あなご!の頭!



おびただしい数のあなごヘッドがたっぷり詰まっているではありませんか!



知らない人が開けてみたらビックリするでしょうね、これは…。道端なんかで落とさないようにしましょう。
でも驚かせるという意味ではちょっとしたプレゼントにいいかもしれませんね。
プレゼント交換にあなごヘッド。
いいですね。開けたらあなごの頭がいっぱい。すごい世界です。夢にまで出てくるかもしれません。



場所は山陽須磨寺駅から須磨寺へ向かう参道沿いを歩いてすぐ左側、伊勢屋文具店さんの前あたりです。
大きな地図で見る




スポンサーサイト

コメント

ふくちゃんさん、いつもこのようなくだらないブログをご覧いただいてありがとうございます。

しらはま寿司さんの本店?を紹介する前に「あなごヘッド」を紹介しちゃいました。順番逆にすべきですよね、どう考えても。あのおいしいアナゴ寿司が「あなごヘッド」のイメージに負けてしまったら…ま、そんなことはないですよね。

今度はふくちゃんさんにも喜んでいただけるネタを探してみますね。
あなごヘッド(笑)は結構前からあったように思うけど、
こんな風にとりあげられるとおもしろいもんですね〜!

まだまだ須磨寺はおもしろいことがでてきそうな予感です・・・。
探しておきます!
ハヌルさん、いつもご覧いただいてありがとうございます。

あなごベッド…これもあったらすごいですね。強烈なインパクトがあります。

味噌汁のダシにしたら確かにおいしいらしいです。煮物には全般的に使えるのかもしれません。
さすらいのガンマンさん、コメントありがとうございます。

あなご「ヘッド」にしたのはあなご「頭」よりゴロがいいと思ったからです。普通の理由ですみません。
尾崎さん、コメントありがとうございます。
返事はメールで送らせていただきました。

今後ともよろしくお願い申し上げます。
慌て物の私は、あなごヘッド・・ベッドと早とちりです。
何の事かと思って読んでたら、頭ですね。
あなごの頭が袋にいっぱいは、ちょっとビックリですね。
味噌汁の出しにしたら美味しいでしょうね。
一応、突っ込んで良いですか?

何故?

あなたは何故に

あなご「ヘッド」と?
管理者の承認待ちコメントです。

コメントする





トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sumabito.jugem.jp/trackback/63

プロフィール

  • 須貝静顔写真
  • 須貝静
  • NPO法人しゃらく しゃらく旅倶楽部担当
  • 須磨をこよなく愛するよそ者が、真の須磨人(すまびと)を目指して日々綴っていく須磨のウンチク。須磨好きの方必見です。
  • プロフィールをもっと詳しく

新着日記

カレンダー

<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

サイト内検索

月別アーカイブ

カテゴリー

新着コメント

新着トラックバック

organization

  • NPO法人しゃらく
  • いきがい.cc
  • 須磨観光協会
  • 須磨を西海岸化し隊
  • 観光ナビゲーションサイト 須磨海岸Navi
  • いたやにすと
  • オール須磨

link

mobile

  • qrcode

others

ad