スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

須磨の史跡・文化遺産(11)モルガン灯籠

JUGEMテーマ:地域/ローカル


さて、モルガンお雪さんのことを調べてみましたので簡単に。

モルガンお雪(本名:加藤ユキ)さんは、1881(明治22)年生まれ。14歳のとき、「雪香」として京都・祇園の芸妓になりました。

21歳のときに、モルガン家の御曹司、ジョージ・デニソン・モルガンから、突如プロポーズを受けます。しかし当時京大生の彼氏がいたお雪さんは、これを強く拒絶。なんでもこのとき、お雪さんはこの恋人との結婚を夢見て、彼の学費や生活費まで払っていたそうです。

ところが大学を卒業すると同時に金銭的援助が要らなくなったその恋人は、他の金持ち令嬢と結婚することに。お雪さんもとうとうモルガンからの執拗なラブコールにこたえて結婚することになりました。

実はこの時、身請け金として当時のお金で4万円(現在の金額に換算すると1〜2億円でしょうか)もの大金が支払われたそうなのですが、実はお雪さんは断るためにその大金をつきつけたのが、モルガンがあっさり払ってしまい、結婚するはめになったんだとか。

まあまあとにかく、その金額を払った上に、およそ10万円もかけて横浜で超ド派手な結婚式をやってしまったものだから世間は大騒ぎ。「4万円の夢」などともてはやされる一方、金に目がくらんだ女としてレッテルを貼られ、羨望・嫉妬だけでなく誹謗・中傷にもさらされることに。

その後、モルガンと一緒にアメリカに渡ったお雪さん。当時のアメリカは人種差別が激しかったこともあって、半年後にはフランスへ渡りました。パリの社交界では大変な評判を呼びながらも、まもなく第一次世界大戦に突入、夫は莫大な財産を残し、1915(大正4)年に他界してしまいました。

偶然にも巨万の富を得て、突如世間の冷たい目にさらされることになったお雪さん。守ってくれる人は誰もおらず、つらい孤独な日々を送ります。そのためか、終戦後はカトリック信仰に目覚め、教会に多額の寄付を行なったそうです。

ニースに移り住んでからしばらくして第2次世界大戦が勃発し、1938(昭和13)年に58歳で日本へ帰国。質素な生活を続け、1963(昭和38)年、京都の紫野の近くの自宅で息を引き取ったそうです。

…とまあ、数奇としかいいようのない人生を送られたお雪さんですが、今でも祇園では、お雪さんが結婚した1月20日を「玉の輿の日」として、大事な人と連絡をとりあうなど、特別な日として盛り上がるんだそうです。




スポンサーサイト

コメント

ハヌルさん、コメントありがとうございます。

ホントにすごい人生ですよね。あまりにも状況の変化が大きすぎて、私だったら頭がおかしくなってしまいそうです。おっしゃるとおり、他人にはわかりにくい部分で、様々な苦労や努力があったのかと思います。

何んとも、凄い人生を歩まれた方ですね。
玉の輿って、傍目には羨ましいと見られますが
当人は環境の違う、世界に入る訳だから
並ならぬ苦労と努力が伴うでしょうね。
モルガンお雪さんきっと、とても素敵な女性だったんでしょうね。

コメントする





トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sumabito.jugem.jp/trackback/95

プロフィール

  • 須貝静顔写真
  • 須貝静
  • NPO法人しゃらく しゃらく旅倶楽部担当
  • 須磨をこよなく愛するよそ者が、真の須磨人(すまびと)を目指して日々綴っていく須磨のウンチク。須磨好きの方必見です。
  • プロフィールをもっと詳しく

新着日記

カレンダー

<< September 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

サイト内検索

月別アーカイブ

カテゴリー

新着コメント

新着トラックバック

organization

  • NPO法人しゃらく
  • いきがい.cc
  • 須磨観光協会
  • 須磨を西海岸化し隊
  • 観光ナビゲーションサイト 須磨海岸Navi
  • いたやにすと
  • オール須磨

link

mobile

  • qrcode

others

ad